自転車カバーを1年使ってみたらこうなった(2017年04月17日投稿)

雨と日除けに自転車カバー

折りたたみ自転車を屋外に出しているので、雨と日光除けに自転車カバーをかけています。

自転車カバーを調べたところ、予算¥1,000〜¥2,000くらいのものが多いようです。

購入したのはこちら。
[amazonjs asin=”B00YWKC7A0″ locale=”JP” title=”Smiley Smile(スマイリースマイル) 自転車カバー 撥水 UV加工 風飛び2重防止付 サイクルカバー 22-29インチ対応 (ブラック/シルバー, L:190x65x98cm)”]

販売している会社を確認して、日本の会社が販売しているカバーを選びました。
 

折りたたみ自転車に使ってみると

小径ホイールの折りたたみ自転車には、このカバーは十分すぎる大きさがあります。

カバーの裾の前後には風飛び防止の絞りゴムが付いていて、かぶせ易かったです。

リア部分にはバックル付きのベルトがあるので、車輪のスポークの間を通して固定しておけば、強い風でカバーが飛んでしまうのを防いでくれます。

カバーのおかげである程度雨や日光、埃を遮って自転車を守ることができました。
 

1年使った結果

しかし、1年ほど使ったところでカバーがパリパリになって裂けてきたので交換しました。


 

写真の迷彩のカバーが今回交換したもので、右斜め上の赤っぼい迷彩のカバーは同じ物を使用して1年経ったものです。

これくらい変色します。

この赤っぼく変色した迷彩のカバーもパリパリになって裂けてきたので、まもなく交換する予定です。

また、自転車にU字型ロックを地面に近い位置に付けていたのですが、水が入ってきてキーのシリンダー部分が錆びついてしまい、ロックを解除できなくなりました。(潤滑スプレーCRC 5-56を使ってなんとか解除できましたが)

[amazonjs asin=”B000TGHULW” locale=”JP” title=”KURE(呉工業) 5-56 (320ml) 多用途・多機能防錆・潤滑剤 品番 1004″]

自転車カバーを使っていても水が入り込む可能性があるので、錆には要注意です。

自転車カバーの耐久性は高くなく、経年劣化が激しいので、時々状態をチェックしておきましょう。

1年くらいを目安に交換することになると思います。
 

では、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください