遠赤外線ヒーター「暖突(だんとつ)」は寒がりなハリネズミさんに有効な暖房器具 ケージ内がほんのり温かくなります

寒がりなハリネズミさんには暖房器具が必須

ハリネズミのポンデさんはとっても寒がりです。

なので、ケージ内の温度が27〜30度になるように気をつけています。

気温が低いときの暖房器具として、上面からワイドに暖める遠赤外線ヒーターの「暖突(だんとつ) M」を使っています。

保温球の約1/3の消費電力で同等性能が得られるそうです。

本体サイズなどは以下の通り。

  • 本体サイズ (幅×奥行×高さ) :20.4×2.1×25.4cm

  • 本体重量:400g

  • 使用ケージサイズ目安:60cm水槽程度(32W)(水中での使用はできません。)

 

ケージのふたに暖突を取り付け

ケージのふたの金網に、暖突を取り付けています。

暖突背面

ふたの金網は、ダイソーで買ってきたバーベキュー用の網を使っています。

ケージの底面から暖突までの高さは、約37cmになります。

 

ふたを外した状態。

暖突全体

暖突の真下がポンデさんのお家になります。

 

暖突の正面のアップはこうなっています。

暖突正面

暖突は突起物の無い平面な作りになっています。

 

冬は部屋のエアコンも併用

冬は暖突だけではケージ内の温度を保てないので、部屋のエアコンを併用しています。

夏と冬は一日中エアコンをつけっぱなしにするので、電気代がかさみます。

また、ポンデさんは「うさ暖」(パネルヒーター)があまり好きではないようで、うさ暖を入れても乗ろうとはしません。

うさ暖の上で、だらしない格好で暖まっている姿を期待していたのですが、うまくいきませんでした。

うさ暖で下から温めるのが難しい場合は、暖突で上から温めるといいです。

 

 

ケージ内の温度はいつも気にしていますよ。
ポンデさん
私は寒がりだから、きちんと温度管理してね。

 

À bientôt!(またね!)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください