JAF(日本自動車連盟)の会員証は外車乗りのお守りでした(2017年03月26日投稿)

僕が初めて買った車はフランス車でした。

25年前のフランス車は、信頼性が高くないと言われていました。

実際、オート○○、パワー○○、エアコンといった装備はよく壊れたようです。

これらの装備は当時の現地の車にはほとんどついていないので、当然信頼性も低かったわけです。

保険会社のロードサービスも無かった時代、そんなフランス車乗りにはJAF(日本自動車連盟)に入会することは必須条件でした。

車で困ったときに助けてくれる、JAFの会員証がお守りのようなものです。

入会すると、毎月会報誌が送られてきます。

 

幸い、これまで車が止まってレッカーのお世話になるなど、大きなトラブルはありませんが、バッテリーあがりの救援で何度かお世話になっています。

JAFさんではパンクしたときのタイヤ交換もしてもらえます。

多くの女性はタイヤ交換の方法がわからないでしょうし、そもそも、最近の車に多い大径タイヤは、多分女性では持てないくらい重いです。(1本20kgくらいだったりします)

また、会員証を見せることで、いろいろなお店や施設で割引きサービスも受けられます。

調べてみると、意外なお店で割引きサービスがあったりして、使わせてもらってます。

今では車の信頼性も上がり、あまり心配することも無いのですが、ずっとお守り代わりにJAFに入会しています。

では、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください