FIAT(フィアット)さんで500とパンダの実車を見てきました(2017年04月23日投稿)

不定期開催の自動車ディーラー巡りです。

今回はFIATさんで500とパンダの実車を見て、パンフレットをもらってきました。


 

実車に座ってみたのが、500、パンダ、ABARTH 124 spiderの3台です。

FIAT 500(チンクエチェント)

小さい車好きなので、主にこの500に興味がありました。

この車はルパンが乗っているチンクエチェントの現代版です。

実車を見ると、やっぱりカワイイですね。

運転席に特に不満はないです。

二人乗車がメインで、後席は非常用だと割り切ると使いやすいサイズだと思いました。

500のトランクは意外に広く感じました。

後席を倒すとなかなかの空間が現れます。

選ぶとしたら2気筒のツインエアーかな。
 

FIAT Panda(パンダ)

パンダはジウジアーロデザインの初代から何かと気になる車です。

25年くらい前に、ちょっと本気でパンダを買うことを考えました。

今のパンダはぱっと見、デカっと思いました。

昔のパンダは小さくてかわいかったのに。

運転席に座った感じは快適そうでしたが、後席は天井高が低いので、身長が175cmくらいだと完全に頭が天井につかえます。

後席に大人が長時間座るのはキツそうです。

残念ながら、昔のパンダに感じたほどのときめきはありませんでした。
 

ABARTH 124 spider(アバルト124スパイダー)

ABARTH 124 spiderはちょっと気になるオープンのスポーツカーです。

このABARTH 124 spiderはマツダロードスターと兄弟車です。

この車を見に行ったのではないのですが、展示してあったので、当然座ってみました。

座ってみてまず感じたのは、「124スパイダーはデカい」ということです。

僕の感覚のベースがセブン160ですから、ほとんどの車がデカいということになりますが、それを差し引いてもデカいと思います。

僕には車を持て余すサイズで、人馬一体感にも乏しいように思いました。

やっぱりスポーツカーは「小さい、軽い」のが好みです。

動く物は軽さが正義です。

サイズはともかく、現代の車として快適にドライブできそうでした。
 

まとめ

FIATさんには想像以上に多くの展示車があって、楽しめました。

本当は試乗もしてみるといいのですが、実車を見て座るだけでもいろいろな気づきがあります。

いろいろな車に接することで、自分の車の特徴も見えてきます。
 

では、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください