【レビュー】チープカシオ(チプカシ)『MQ-24-7E』は究極のミニマルウォッチ ミニマリストを目指すあなたに

チプカシ『MQ-24-7E』は、価格、重さ、外観、文字盤と、全てにおいてミニマルな腕時計です。

究極のシンプルがここにはあります。

日本未発売モデルですが、楽天市場で購入できます。

広告

カシオ スタンダード

CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)の時計は、一般的にチープカシオ(チプカシ)とも呼ばれています。

そんなチプカシの中の『MQ-24-7E』は、日本未発売のモデルです。

日本発売モデルで一番近いのは『MQ-24-7BLLJH』で、インデックス(目盛)がバーではなくアラビア数字になります。

僕はバーインデックスのシンプルな文字盤に魅かれて、『MQ-24-7E』を選びました。

シンプルなモデルが多いチプカシの中でも、『MQ-24-7E』はミニマルウォッチの一つの完成形です。

チープカシオ(チプカシ)『MQ-24-7E』

シンプルウォッチとして知られるBRAUN(ブラウン)の腕時計よりもさらにシンプルで、お値段もずっと安価でミニマルです。


薄くて軽量

サイズは約38.8(H)×33.8(W)×7.8(D)mmです。

中でも厚さは7.8mmと薄く、着けていても気にならないサイズです。

また、重さは実測19.6gでとても軽いです。

厚さ、重量共に軽快な装着感になります。

ベルトの長さは、成人男子で全く問題ありません。

日常生活防水なので、普段の生活で気兼ね無く使えます。

これ以上ないシンプルな文字盤

文字盤には数字もなく、目盛とわずかな文字がプリントされているだけのシンプルなものです。

シンプルな文字盤

文字盤の直径は約28mmと見やすい大きさ。

針と文字盤のコントラストもくっきりしており、時刻が読み取りやすいです。

分針と秒針のサイズもうまくできており、見分けも容易です。

裏蓋はスナップ式

裏蓋はスナップ式なので、マイナスドライバーなどでこじ開ければ、自分で電池交換できます。

スナップ式の裏蓋

音は静か

針が動く音は、かなり静かです。

時計を耳に当てると、かすかに聞こえるぐらい。

誤差

手持ちの個体の誤差は、40日で5秒進みです。

仕様では平均月差±20秒なので、かなり精度は良いです。

気になる点が二つ。

まず一つは、秒針が正確にインデックス(目盛)を指さない場所があることです。(一周全部であったり、一部であったりと、個体差があります。)

目盛と目盛のちょうど中間を秒針が指すと、イラっとするかもしれないので、気になる人は要注意です。

二つめは、時刻合わせをするときに、分針を正確に目盛に合わせるのが難しいことです。

例えば、10時5分0秒ぴったりに5分の目盛に分針を合わせたくても、なかなか揃わないのです。

針を動かす歯車には遊び(ガタ)があるので仕方がないのですが、気になり始めると気になって仕方ありません。

取扱説明書

取説はこちら。

究極のミニマルウォッチ

価格、重さ、外観、文字盤、全てにおいてミニマルな時計です。

腕時計に最低限必要なものだけで作られた、シンプルを極めたモデルです。

関連記事

下記リンクから、他のチプカシ関連の記事を読むことができます。

https://hari3.jp/archives/category/casio-standard


À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください