チープカシオ(チプカシ)『AW-48HE-1A』電池交換を自分でやった

チープカシオ(チプカシ)『AW-48HE-1A』の電池を自分で交換。

自分で電池交換すれば、かかるコストは電池代だけなので、買い替える前に、電池交換を検討してみてはいかが。

広告

目盛と針がゴールドで落ち着いたアナデジ時計

『AW-48HE-1A』の特徴については、こちらをご覧ください。

電池切れになったので、自分で電池交換しました

AW-48HE-1A

電池交換のポイント

『AW-48HE-1A』の使用電池は「SR920W 」です。

自己責任にはなりますが、自分で電池交換すれば、電池代のみでチプカシが復活します。

裏蓋の4つのねじを外して、裏蓋をとった状態です。

裏蓋をとった状態

電池を押さえている金具の爪を、先の細いプッシュピンのようなもので引っ掛けて外します。

ツメを外して電池を取り出す

金具の爪は簡単に外れるので、電池を取り出して交換します。

電池交換後、ACと書いてある金色の点をショートさせてリセットします

リセット後、モードが切り替わるかなど、時計が正常に動作していることを確認します。

なお、作業中は、小さいばねを無くさないように注意します。

ばねに注意

裏蓋を閉じる前に、ゴム製のパッキンにシリコングリスを塗布し、時計本体の溝にていねいに収めます。

まとめ

チプカシの電池交換を自分ですれば、かかるコストは電池代だけです。

買い替える前に、電池交換を検討してみてはいかがでしょうか。

自分でベルトや電池を交換することで、愛着もわきます。

関連記事

下記リンクから、他のチプカシ関連の記事を読むことができます。

チープカシオ(チプカシ)ってこんな時計

こちらからは以上です。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
アバター画像

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください