ケータハムセブン160に塗装の剥がれを発見してヘコみました(2016年05月25日投稿)

リアに小さく塗装が剥がれている箇所を発見してヘコみました。

2016-03-30 12.21.06

トランクカバーか幌のホックを留める時に、ホックでボディーをこすってしまったようです。

セブンにお乗りの方は気をつけてください。(すでに常識なのかも)

全てのモノは出来上がった瞬間から劣化が始まるとはいえ、やっぱりいつまでもきれいでいて欲しいと思ってしまいます。

特に車のキズはショックが大きいのかもしれません。

セブンは40年も作っているんだから、ホックで留める仕様は何とかならんもんかと思います。

しかし、セブンは幌もドアも無しで乗るのが本来の姿なんだろうな、と思うと無い物ねだりだとは思いますが。
 

ま、なってしまったのは仕方がないとして、補修をしましょう。

用意したのは以下のようなものです。

  • 納車時にもらった塗料
  • マスキングテープ
  • 脱脂スプレー


 

まず、脱脂スプレーで塗装が剥がれた部分の油分を取り除きます。

次に、塗装が剥がれた部分の周りにマスキングテープを貼ります。

2016-05-21 14.11.25

マスキングテープはなるべく広めに貼っておくと、余計な部分に塗料が付いたりしないので安心です。

そして、塗装が剥がれた部分に塗料を塗ります。

頂いた塗料の溶剤が飛んでしまったようで、かなりドロドロになっていました。

うまく塗料がのびませんが、とりあえず塗ってみます。

2016-05-21 17.02.47

塗っては乾かしを繰り返して、3回塗りました。

塗料がしっかりと付いているか不安ですが、1週間ほど乾かしてから研きを行います。

きれいに塗料が付いてくれることを祈りつつ、乾燥を待とうと思います。
 

それでは、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

ケータハムセブン160に塗装の剥がれを発見してヘコみました(2016年05月25日投稿)” に対して1件のコメントがあります。

  1. u4 より:

    おひさしぶりです。うちも飛んで来る石や、自分で飛ばした石等で、あちこち塗装がはげてきました。僕の場合はこんなもんかと思って、気にしてませんが(笑)でもキレイにこしたことないですもんね。ところで少し前にタイヤを軽サイズのレグノに替えました。乗り心地がすごい変わりましたよー。適度に硬く、かつしっとりしてて、ノーマルよりグリップするし気に入っています♪思いのほか静粛性も変わった気がします。他の音がうるさすぎて実際は分かりませんが(笑)では。

    1. Kai Kai より:

      いつもコメントしてくださり、ありがとうございます。
      セブンだと幌も擦れるし、ドアのホックもカチャカチャ当たるし、跳ね石以外にも塗装に悪そうなことはいっぱいありますね。
      それで凹むのも含めてセブンライフだと思うようになってきました。
      セブンは車重が軽いこともあってタイヤがなかなか減らないと聞いていますが、乗り心地や操縦安定性を考えてタイヤを替えられたのでしょうね。
      僕がお世話になっているディーラーさんは、14 inchから13 inchへサイズダウンしてタイヤハイトを上げることを提案されています。
      ホイール+タイヤで1本あたり2kgの軽量化できるとのことなので、軽量化はすごく魅力的です。
      ですが、まだ新品同様のタイヤを替えるのもどうかなぁ、と思って悩み中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください