ケータハムセブン160に初めて給油しました ゆっくり給油するのがコツ

軽だけど80馬力

先日初めてセブンに給油しました。

160はSUZUKI製エンジンを搭載した軽自動車ですが、英国生まれのため日本の自主規制の64馬力に縛られずに,80馬力を発生します。また、ガソリンもハイオクを要求します。
 

給油口には鍵

右後部に給油口があり、鍵がかかるようになっています。

国産車は給油口の蓋を車内から開けるようになっていますが、輸入車には給油口に鍵が付いているのをよく見ます。

2015-11-04 15.39.14
 

給油はゆっくりと

給油口は給油ノズルが非常に入れにくい形状になっています。

勢いよく入れると満タン検知にひっかかって止まるので、そっとガソリンを入れるのがコツです。

タンク容量は36Lと大きくはないのですが、ゆっくり給油するので満タンにするまでに時間がかかります。

自動停止したらそれ以上入れないことは、輸入車のお約束です。

いろいろとコツがあるので、セルフで給油するのがいいと思います。
 

まとめ

セブン160はSUZUKI製エンジンを搭載した軽自動車ですが、80馬力を発生しガソリンはハイオク指定です。

給油口は給油ノズルが入りにくい形状になっているので、ゆっくりガソリンを入れるのがコツです。

タンク容量は36Lなのですが、ゆっくり給油するので満タンにするまでに時間がかかります。
 

それでは、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

ケータハムセブン160に初めて給油しました ゆっくり給油するのがコツ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 山下 より:

    初めまして、当方も160、初めてスタンドの係の人に夕方給油してもらいました。
    給油ガンは、穴が狭く入りませんでした。
    1リットルで約一分、22リットルで15分~20分程かかりました。
    中腰が辛いので係の人は、椅子に座りました。当方は給油口に中腰でライトをあてました。
    何か良い方法ありませんか?

    1. Kai Kai より:

      山下さん、コメントありがとうございます。
      このブログの管理人のKaiです。
      セブン160は給油口からタンクまでの配管が、ガソリンが入りにくい形状になっているそうです。
      僕は説明するのが面倒なので、いつもセルフのガソリンスタンドを利用しています。
      給油ノズルを傾けたりしてノズルが入る角度を探ると、1/3〜1/2くらいですが入れることはできます。
      給油ノズルをなるべく深く差し込んでから、全開ではなく1/2〜2/3くらい引き金を引く感じで、ガソリンを入れていきます。
      もし、入れるペースが早すぎても、溢れる前に給油機のセンサが感知して、自動で一旦停まるはずです。
      全開のように早くはありませんが、ほどほどのスピードでは給油できますので、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください