ケータハムセブン160のブレーキには倍力装置が付いていません(2016年07月21日投稿)

セブン160のブレーキには倍力装置(負圧ブースタ)が付いていませんが、車体が軽いのでしっかりブレーキペダルを踏めばちゃんと止まります。

負圧ブースタで力を増幅

多くの車はエンジンで発生する負圧(吸い込む力)を利用した負圧ブースタが付いています。

ブレーキペダルを踏んだままエンジンをかけると、ググッとペダルが奥に入っていきますが、これが負圧ブースタの作用です。

負圧ブースタはブレーキペダルを踏んだ力(ペダル踏力)を大きくして、ブレーキに伝える役目を持っています。

そのおかげでペダル踏力が小さくてもブレーキが効くようになっています。

なので、エンジンを切った状態で1~2回ブレーキペダルを踏むと負圧ブースタの作用が無くなるので、ブレーキの効きがすごく悪くなります。
 

セブン160には負圧ブースタが付いていない

しかし、セブン160のブレーキには負圧ブースタが付いていないので、自分のペダル踏力分だけブレーキが効きます。

乗り始めて最初の1~2回はいつもの調子でブレーキを踏んでしまい、なかなか止まらないのでちょっとビビります。

ですがすぐに慣れて、ペダル踏力でブレーキをコントロールできるようになります。

嫁さんの足の力では厳しいかなと思っていましたが、大丈夫なようです。

もちろん、セブン160にはABSなど付いていません。
 

前はディスクで後ろはドラム

前はディスク後ろはドラムブレーキですが、車体が軽いのでそれで十分なんでしょう。

ただ、昔の車みたいにブレーキの度に非常によく鳴きます。(キーという大きな音がします)

もう少しブレーキにあたりがつけば治まるかもしれませんが、周りの人に迷惑ですね。

2016-02-11 09.44.37
 

まとめ

ケータハムセブン160のブレーキには倍力装置(負圧ブースタ)が付いていませんが、車体が軽いのでしっかりブレーキペダルを踏めばちゃんと止まります。
 

それでは、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください