【レビュー】CASIO G-SHOCK『GW-6900』コスパの高い電波ソーラー時計

CASIO G-SHOCK『GW-6900-1(海外モデル)』【国内同型 GW-6900-1JF】はベーシックなデザインの電波ソーラー時計です。

液晶が見やすくコストパフォーマンスが高い、電波ソーラーのG-SHOCKとしてオススメです。

広告

G-SHOCK『GW-6900-1』

G-SHOCKが1本欲しかったので、2014年03月に¥10,380で購入しました。(海外モデルの方がお安いです。)

電波時計なので、手持ちの腕時計の時刻合わせ用に、基準時計として使っています。

見やすい文字盤です。

G-SHOCK GW-6900 正面
『GW-6900-1』

ここが好き

『GW-6900-1』の僕が好きな点を以下に挙げてみます。

  • G-SHOCKの中のベーシックなデザインの一つ
  • 反転液晶でない
  • 液晶の字体が好き
  • 曜日の表記が3文字
  • G-SHOCKとしては軽め
  • 斜めからでも数字が見やすい
  • 電波時計なので時刻が正確

斜めから見るとこんな感じです。

G-SHOCK GW-6900 斜め下
斜めからでも時刻がわかる

この角度だとベゼルに隠れて、液晶はちょっと見にくいですね。

G-SHOCK GW-6900 斜め
この角度は見えにくい

裏側

G-SHOCK GW-6900 裏
厚みがある

ここがちょっと

『GW-6900-1』で僕がちょっと嫌いな点を以下に挙げてみます。

  • チプカシ(チープカシオ)に比べ、デカい、厚い、重いので、手首に存在感を常に感じる
  • 斜め下から見ると、液晶がベゼル(時計の周りの部分)の盛り上がりに隠れて見えづらい

主な仕様

『GW-6900-1』の主な仕様を以下にまとめておきます。

サイズ:53.2×50×17.7 mm

重さ:61g(実測値)

ELバックライト

風防:無機ガラス

ケース・ベゼル材質:樹脂

20気圧防水

タフソーラー(ソーラー充電システム)

世界6局(日本2局、中国、アメリカ、ドイツ、イギリス)の標準電波を受信し、時刻を修正するマルチバンド6

ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)

タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)

ワールドタイム:世界48都市

時刻アラーム5本

取扱説明書

下記リンクから取説を見ることができます。

GW-6900-1取説はこちら

気兼ねなく使えるG-SHOCK

『GW-6900-1』 はベーシックなデザインの、コストパフォーマンスが高い電波ソーラーのG-SHOCKとしてオススメです。

関連記事

G-SHOCKもいいですが、チプカシもいいですよ。

https://hari3.jp/archives/category/casio-standard


À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください