パイロットの4色ボールペン「アクロボール4」はお手頃価格で書きやすい多色ペン

「メモの魔力」を読んだことをきっかけに、4色ボールペンを使うようになりました。

今のお気に入りは、「パイロット アクロボール4」です。

4色ボールペンを使ったメモ術

前田裕二(著)「メモの魔力」で、著者の4色ボールペンを使ったメモ術が紹介されていました。

これまで僕は、LAMY 2000 の4色ボールペンを使用。

スリムな4色ボールペンなら「LAMY2000 4色ボールペン L401」がオススメ | マイハリ

しかし、この本を読んだことをきっかけに、新しい4色ボールペンが欲しくなり、いろいろと物色を始めました。

 

ボールペンの色分けによる情報整理術として、齋藤孝 著「三色ボールペン情報活用術」がありました。

僕はこの本を読んでから、メモ術に興味を持ち始めました。

前田さんのメモ術は、齋藤さんのメモ術の発展型だと感じました。

 

パイロット アクロボール4

探してみると、4色ボールペンにシャープペンシルが加わった4+1は多いのですが、僕はシャープペンシルを使わないので、4色ボールペンだけのモデルに絞って検討しました。

その結果、僕の好みに最も近かったのが、「パイロット アクロボール4」です。

アクロボール4

最大径φ13.8mm、全長144mmで、重さは14.6gです。

もう少し細くて軽いと、なお良いのですが。

 

滑らかなアクロインキ

サラサラとした書き心地のボールペンといえば、「ジェットストリーム」が有名ですが、パイロット さんにも低粘度の「アクロインキ」があります。

「アクロインキ」は油性染料インキで、書き出しがかすれずに、滑らかに濃く書けるインキです。

「ジェットストリーム」は抵抗が低すぎる気がするので、「アクロインキ」のサラサラ具合の方が僕の好み。

油性インキなので耐水性もあります。

紙によっては若干の裏抜けします。

ペン先は0.5mmと0.7mmが選べ、替芯もお手頃価格。

インキの残量がわかる芯も使いやすいです。

アクロボール4 芯

緑の発色もキレイです。

 

ポケットに固定しやすいリフトクリップ

クリップは、コイルばねを使った「リフトクリップ機構」となっており、挟みやすく耐久性も高くなっています。

また、コイルばね式のグリップは、板ばね式よりも柔らかく開く感じがします。

アクロボール4 コイルばね

クリップが開くので、ペンホルダーにも入れやすいです。

 

カッチリ感のあるスライドレバー

色の選択はスライドレバー式になっています。

スライドレバーをノックしたときのカッチリとしたクリック感が好感触。(ペンによってはロックが甘く、書いている途中でロックが外れるものもある)

スライドレバーの色分けも見やすいです。

アクロボール4 ノックボタン

 

耐久性が心配なグリップのラバー

「パイロット アクロボール4」で僕が一番苦手なのは、グリップ部分のラバーです。

ペンが滑りにくいというメリットがあるのでしょうが、ラバーの劣化が心配ですし、ラバーが引っかかってペンホルダーに入れにくいのです。

耐久性は時間が経ってみないとわかりませんね。

 

アクロボール4は総合的に高得点

軸径の太さやラバーグリップなど、気になるところもありますが、トータルでは使いやすいボールペンです。

上手に色分けを使いこなしてメモできるようにしたいです。

 

 

À bientôt!(またね!)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください