海外製のボールペンで日本製のインクを使う方法

日本製のインクを使いたい

海外製のボールペンには、軸の色やデザインが特徴的な、日本製には無い素敵な魅力を持ったペンがあります。

しかし、残念ながらインクが漏れる、ボタ落ちするなど、いまいちインクの質が日本製に劣るものがあります。(個人的感想です。)

漏れない、滑らかな書き味、ボタ落ちしない、ダマにならないなど、日本製のインクを好む方も多くいます。

ただ、残念ながらインクの形状は各メーカで異なるため、簡単に違うメーカのインクを使うことはできません。

リフィルアダプター

そんな時、「リフィルアダプター」というものを使って、好みのインクを使えるようにできます。

リフィルアダプターは、購入時1本1,000円程度でした。

ちなみに、交換用インクのことをリフィルと呼びます。

このリフィルアダプターに、4C芯と呼ばれる替え芯を差し込むだけで、海外製のボールペンで日本製のインクが使えます。

ボールペン本体内部の洗浄

インクを交換する前に、漏れたインクがボールペン本体の内部にこびりついたものを取るため、台所用中性洗剤を水で薄めた溶液にしばらく浸けておきます。(インク漏れしていない場合は必要ありません。)

インクが取れやすくなったところで、ティッシュを突っ込んでクリーニングしました。

リフィルアダプターに使うのは4C芯

4C芯は多くのボールペンで使われている、汎用的な替え芯になります。

「4C芯」で検索すると対応するインクがたくさんあるので、好みのメーカ、太さ、色を選んでください。

個人的に4C芯でオススメは、パイロットのアクロインキです。

1本100円程度とお手頃な値段で、ジェットストリーム芯にも劣らないくらいの滑らかな書き味が楽しめます。

ジェットストリーム芯もいいのですが、他のインクに比べて高価なのが難点です。

リフィルアダプターの使い方はとっても簡単

リフィルアダプター本体は、こんな形状です。

先端の黒い部分に、4C芯を差し込みます。

あとは本体にリフィルアダプターごとセットして完成です。

今まで通り普通にボールペンとして使えます。

好みの軸に好みのインクを入れて、気分を上げていきましょう。

リフィルアダプターはメーカに合ったものを

ウォーターマン用のリフィルアダプターのリンクを下に貼っておきますが、ボールペン軸のメーカによってアダプタが異なるので、メーカに合ったアダプタをお選びください。

À bientôt!(またね!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください