ボールペン4C芯(替芯)互換インクまとめ

「4C芯」と一般的に呼ばれるボールペンの替芯(リフィル)があります。

多くのメーカーから4C芯互換の替芯が出ていますので、4C芯に関する情報をまとめてみました。

4C芯選びの参考になると嬉しいです。

広告

ボールペンのインクは交換可能

ボールペンのインクが無くなったとき、多くの場合替芯(リフィル)があるのをご存知ですか?

この替芯、規格に沿って作られていると、他社製品との互換性があります。

メーカーはオススメしませんが、自分で好みの本体に好みのインクを入れるのも、なかなか楽しいものです。

そんな替芯の中でも有名なのは、4C芯ではないでしょうか。

4C芯って何?

4C芯は、長さ67mm、外径2.3mmの細く短い芯で、金属製のさやにインクが収まっています。

4C芯(ジェットストリーム)

多色・多機能筆記具(マルチペン)や、ショートペンの多くに対応するのが4C芯タイプの替芯です。

マルチペンとショートペン

4C芯を使うと、マルチペンの本体軸を細くすることができ、ショートペンも可能になります。

マルチペンの中の4C芯

難点はインク量が少ないことと、インク残量がわからないことです。

4C芯は、JIS規格が定める[D型]として規格化された替芯です。

ゼブラのD型芯の品番が4Cであることから、D型の互換性のある芯が「4C芯」と呼ばれるようになったようです。

しかし、実際にはゼブラの4Cは独自規格で、最大径が2.4mmとJIS規格とは異なるもの、というのがややこしいですね。

各社の4C芯

各社の4C芯を日本のメーカーを中心にまとめてみました。

■三菱鉛筆

なんと言ってもジェットストリームインクが使えます。

難点はジェットストリームインクがお高いことと、緑がないことです。

超・低摩擦ジェットストリームインク

SXR-200-05 (本体価格 ¥200)ボール径0.5 黒・赤・青

SXR-200-07 (本体価格 ¥200)ボール径0.7 黒・赤・青

https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/refill_jet.html

油性ボールペン

SE-7 (本体価格 ¥80)ボール径0.7 黒・赤・青

https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/refill_oil_based.html

■パイロット

アクロインキはジェットストリームインクに負けないくらい滑らかです。

値段もジェットストリームインクより安いですし、ボール径0.7では緑も選べます。

ぬらぬら書きたい人のために、ボール径1.0があるのもポイント。

ゲルインキは芯の軸径がφ2.4mmと0.1mm大きいので、注意しましょう。

また、ゲルインキは減るのが早い(個人的な感想)です。

油性ボールペン替芯 アクロインキ

全長:67mm 最大径:φ2.3mm

BRFS-10EF-(B・R・L)(本体価格 ¥100)ボール径0.5 黒・赤・青

BRFS-10F-(B・R・L・G)(本体価格 ¥100)ボール径0.7 黒・赤・青・緑

BRFS-10M-(B)(本体価格 ¥100)ボール径1.0 黒

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/spare/oil_based/brfs-10/

油性ボールペン替え芯

全長:67mm 最大径:φ2.3mm

BRF-8EF-(B)(本体価格 ¥80)ボール径0.5 黒

BRF-8F-(B・R・L・G)(本体価格 ¥80)ボール径0.7 黒・赤・青・緑

BRF-8M-(B)(本体価格 ¥80)ボール径1.0 黒

ゲルインキボールペン替芯

全長:67mm 最大径:φ2.4mm

LHRF-20C4-(B・R・L)(本体価格 ¥200)ボール径0.4 黒・赤・青

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/spare/gel_ink/refill9/

■ゼブラ

ゼブラは芯の軸径がφ2.4mmと0.1mm大きいので、ゼブラ以外の本体に使うのは、オススメできません。

ゼブラ以外のメーカーの本体にゼブラ芯を使った場合、芯を差し込む側の径が広がってしまい、ゼブラ以外の4C芯を使うと抜けてしまうことがあるそうです。

しかし、水性顔料インクの色のバリエーションは魅力的です。

また、全長が67mmよりも長いものがあるので、本体からの飛び出しが気になるかもしれません。

油性染料インク

全長:67mm 最大径:φ2.4mm

4C-0.4芯(本体価格 ¥100)ボール径0.4 黒

4C-0.5芯(本体価格 ¥80)ボール径0.5 黒

4C-0.7芯(本体価格 ¥80)ボール径0.7 黒・赤・青・緑

4C-1.0芯(本体価格 ¥80)ボール径1.0 黒・赤・青・緑

https://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_yuseiball.html

水性顔料インク

全長:67.2mm 最大径:φ2.4mm

JSB-0.4芯(本体価格 ¥160)ボール径0.4 ブラック・ロイヤルブルー・カーマインレッド・エメラルドグリーン・ブルーブラック

JSB-0.5芯(本体価格 ¥160)ボール径0.5 ブラック・ロイヤルブルー・カーマインレッド・エメラルドグリーン・ブルーブラック

https://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_jelball.html#jsb_04

エマルジョンインク(油性と水性を混合)

全長:67.4mm 最大径:φ2.4mm

ESB-0.5芯(本体価格 ¥160)ボール径0.5 黒・赤・青・緑

ESB-0.7芯(本体価格 ¥160)ボール径0.7 黒・赤・青・緑

https://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_emulsion.html#esb_05

■OHTO(オート)

OHTOの特徴は、低粘度のソフトインクと、切削型ニードルチップです。

特に、先の細いニードルチップが選べるのは(多分)OHTOだけです。

全長:67.3mm 最大径:φ2.3mm

R-4C5NP(本体価格 ¥80)ボール径0.5 黒

R-4C7NP(本体価格 ¥80)ボール径0.7 黒・赤・青

■プラチナ

全長:67mm

BSP-100S(本体価格 ¥80)ボール径0.7 黒・赤

■ぺんてる

KFS5(本体価格 ¥100)ボール径0.5 黒

KFS7(本体価格 ¥100)ボール径0.7 黒・赤・青

https://www.pentel.co.jp/products/refill/oilbased-ballpointpens/

■トンボ

全長:67mm 最大径:φ2.3mm

BR-VS(本体価格 ¥80)ボール径0.7 黒・赤

BR-VLE33(本体価格 ¥200)ボール径0.5 黒 超低粘(とってもサラサラ)インク

https://www.tombow.com/product-refill/oil-based/

■セーラー

セーラーのボールペンの書き味、個人的には好みなんです。

油性ボールペン

全長:67mm 最大径:φ2.3mm

18-0103-120(本体価格 ¥100)ボール径0.5 黒

18-0103-220(本体価格 ¥100)ボール径0.7 黒

18-0103-230(本体価格 ¥100)ボール径0.7 赤

18-0103-240(本体価格 ¥100)ボール径0.7 青

18-0103-620(本体価格 ¥100)ボール径1.0 黒

■LAMY

油性ボールペン

LM21BK (Black)(本体価格 ¥400)

LM21BL (Blue)(本体価格 ¥400)

LM21RD (Red)(本体価格 ¥400)

LM21GN (Green)(本体価格 ¥400)

【参考】油性・水性・ゲルインクの違いは何か

油性・水性・ゲルインクの特徴については、以下のページにまとめてありました。

https://www.mpuni.co.jp/customer/ans_15.html

ベストのインクを求めて沼にはまる

好みの書き味・太さ・色・コストを求めて、ボールペンのインク沼にはまってみるのも楽しいですよ。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください