チープカシオ(チプカシ)のベルトが切れたのでNATOベルトに交換

チプカシのベルト交換手順をまとめました。

ウレタンベルトからNATOベルトに交換することで装着感がよくなり、雰囲気も変わっていい感じです。

広告

ウレタンベルトは切れる

チプカシにはウレタンベルトのモデルが多くありますが、ウレタンベルトは経年劣化で、前触れも無く切れます。

切れたウレタンベルト

このF-105W-1Aのベルトは購入後11年で切れたので、ずいぶんと長くもった方です。

ちなみに、まだ電池交換もしていません。

やや緩めにベルトをつけると、寿命が長くなると思います(個人的感想です)が、本体の電池寿命の前に切れることも。

ベルトを交換すればまだ使える

チプカシなので、本体ごと買い替えるのもアリなのですが、まだまだ本体は使えるので、「NATOベルト」と呼ばれるナイロン製ベルトに交換しました。

NATOベルト

NATOベルトは1,000円〜2,000円くらいのものが多いです。(チプカシ本体と同じくらい!)

F-105には18mmのベルトを使います。

色や柄を選ぶことで、見た目もずいぶんと変わるのですが、今回はシックにしたかったので、黒ベルトに黒の留め具を選びました。

ベルト交換は難しくない

ベルト交換はお店にお任せという方も多いと思いますが、交換の手順を知っていれば自分でも簡単にできます。

チプカシは他の時計と違って気をつける点があるので、以下に手順を書きます。

ベルト交換の手順

必要な工具

ベルトの交換には「ばね棒外し」という工具があると便利です。

ばね棒外し

ばね棒外しは¥700くらいで購入できますし、時計ベルトを購入すると、ばね棒外しがついてくることもあります。

ばね棒は向きに注意

チプカシのベルトをとめている棒は、両端にばねが入っている「ばね棒」ではなく、ただの「棒」ですが、今回は便宜上ばね棒と呼ぶことにします。

ばね棒外しの「I」の方を使って、本体外側の穴から、ベルトの矢印の方向に力強くばね棒を押し出します。(本体のボタン1個の側からボタン2個の方へ押す)

ばね棒を抜く向き

ベルトを抜き取った後、ばね棒を戻すときは、ばね棒の向きを変えずに、本体のボタン2個の側から入れて、ボタン1個の方へ押し込みます。

NATOベルトの通し方

ばね棒を戻したら、本体とばね棒の隙間にNATOベルトを通していきます。

NATOベルトの通し方

大体NATOベルトは長いので、余った部分は折り返して留めておきます。

NATOベルトを使用した状態

ウレタンベルトよりもナイロンベルトの方が柔らかく、腕へのフィット感が上です。

まとめ

1,000円程度で購入できるモデルが多いチプカシは、丈夫で電池寿命も長いタフな時計ですが、ウレタンベルトが切れるのが難点でした。

今回、NATOベルトに交換することで、ベルトを選ぶ楽しみも加わりました。

まだまだこれからも、チプカシと過ごしていけそうです。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください