ユニボール シグノ 307はセルロースナノファイバーで線はくっきり、書き味滑らか(2017年01月30日投稿)

「ユニボール シグノ 307 0.38mm」は、くっきりとした線の、書き味が滑らかなボールペンです。
 

ユニボール シグノ 307

「ユニボール シグノ 307 0.38mm 極細タイプ(写真は数量限定カラー ブラックピンク)」です。

ユニボールシグノ307
 

ユニボール シグノ 307 | ユニボール シグノ ノック式 | ゲルインクボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社
 

セルロースナノファイバーを配合

ゲルインクボールペン「ユニボール シグノ 307」は、インクに粘度調整剤としてセルロースナノファイバーを配合しています。

セルロースナノファイバーは、紙などの原料と同じパルプをナノサイズまで細かくほぐした、植物由来の新素材です。

セルロースナノファイバーをインク内に均一に配合させることで、従来のゲルインクボールペンに比べ筆記時のインク粘度を約50%低減し、滑らかな書き味を実現したそうです。

ユニボールシグノ307分解

確かに、サラサラとした滑らかな書き心地で、書きやすいです。
 

左利きの方にも対応

また、左利きの方が筆記する時の「押し書き」と呼ばれる状況ではインクが出にくくなり、かすれが生じやすくなっていたそうです。

ユニボール シグノ 307は左利きの「押し書き」筆記にかすれずに対応とのこと。

左利きの筆記にこのような問題があるとは知りませんでした。
 

その他の特徴

顔料インクなので光による色あせに強く、水にも滲みません。

セルロースナノファイバーのおかげか、0.38mmという細いボール径でも、くっきりと濃い線を書くことができます。

ユニボールシグノ307線幅
 

測量野帳で使うと若干裏抜けします。

ラバーグリップは握りやすい太さですが、ほこりがつきやすく、なかなかとれないのはマイナスポイントです。
 

ユニボール シグノ 307は書きやすいペン

「ユニボール シグノ 307 0.38mm」は、くっきりとした線の、書き味が滑らかなボールペンです。
 


 

なかなか書きやすいペンですよ。
ポンデさん
何本ペンを買えば気が済むの?

 

À bientôt!(またね!)
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください