セーラーの顔料インクSTORiA(ストーリア)はオススメのボトルインクです(2017年03月03日投稿)

万年筆で顔料インクを使っています。

今はセーラーの顔料ボトルインクであるSTORiA(ストーリア)というインクがお気に入りです。

インクを選ぶ楽しみ

万年筆には自分の好きなインク(の色)を選ぶという楽しみがあります。

万年筆のインクにはボトルインクとカートリッジインクがありますが、選択肢が多いのはボトルインクです。
 

染料インクと顔料インク

また、万年筆のインクには染料インクと顔料インクがありますが、それぞれの主な特徴を挙げてみます。

染料インク

  • 色の種類が豊富
  • 紙にインクが染み込みやすいので、裏抜けしやすい
  • 濡れると滲む
     

顔料インク

  • 紙にインクが染み込みにくいので、裏抜けしにくい
  • 濡れても滲まない
  • 色の種類が少ない
  • インクが目詰まりする可能性がある(時々メンテナンスする必要がある)
     

それぞれ長所短所がありますが、僕は顔料インクをよく使っています。
 

セーラーの顔料ボトルインク

セーラーの顔料ボトルインクであるSTORiA(ストーリア)というインクは、全8色と顔料インクの中でも色が豊富です。

公式ウェブサイトからインクの色見本を確認することができます。
 


 

ブルーのインクです。

 

ピンクのインクです。

 

グリーンのインクです。

 

STORiAのボトルは『リザーバー』付き

STORiAのボトルには『リザーバー』という部品が装着されています。

ボトルに万年筆のペン先を入れてインクを吸入するのですが、『リザーバー』が無いとボトル内のインクが少量になると吸入することが難しくなります。

『リザーバー』があればキャップをしっかり締めて、ボトルをひっくり返して元に戻す事により、『リザーバー』にインクが溜まるので、そこからインクを吸入できます。

この『リザーバー』があることで、ボトル内のインクをムダ無く使う事ができて便利です。
 

[amazonjs asin=”B00VRD37UY” locale=”JP” title=”セーラー万年筆 万年筆顔料ボトルインク STORiA 13-1502-240 ブルー”]

[amazonjs asin=”B002B49NXI” locale=”JP” title=”セーラー万年筆 万年筆インク吸入器 コンバーター 一般用 14-0500-000″]
 

まとめ

万年筆はいろいろなインクを選ぶことができ、大きく分けると染料インクと顔料インクがあります。

セーラーの顔料ボトルインクSTORiA(ストーリア)というインクは、リザーバーがついていて使いやすいです。

また、全8色と顔料インクの中でも色が豊富でオススメです。
 

では、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください