チョロQ zeroってどんなチョロQ?(2017年04月15日投稿)

チョロQは30年以上の歴史をもつ、タカラトミーの定番ブランドです。

デフォルメしたミニカーの代名詞のチョロQを、トミーテックが大人向けにアレンジして「チョロQ zero」として展開中です。

昔のチョロQは200〜300円くらいだったと記憶していますが、「チョロQ zero」は1,800円くらいとお値段も大人向けになっています。

第11弾はルノーシリーズです。

第1弾から第11弾まであり、それぞれにテーマを持ったラインナップになっています。
 

カングービボップとは兄弟車のルノーカングーです。
[amazonjs asin=”B01M2WBDBW” locale=”JP” title=”チョロQ zero Z-47a ルノー カングーゼン (黄色)”]

西部警察シリーズ(第9弾)の1台といえば、やっばりマシンXでしょう。
[amazonjs asin=”B0156G807C” locale=”JP” title=”チョロQ zero 西部警察 Z02 マシンX”]

あぶない刑事シリーズ(第10弾)の1台ですが、詳しくありませんので…
[amazonjs asin=”B0156G2M9E” locale=”JP” title=”チョロQ zero あぶない刑事 Z05 グロリア グランツーリスモSV(黒)”]

フィアット500Fは欧州車シリーズ(第7弾)の1台で、他にもランチアストラトスも好きです。
[amazonjs asin=”B00OJV7V1M” locale=”JP” title=”チョロQ zero Z-26d フィアット500F(白)”]

気になる車はいっばいあるのですが、いいお値段なのでなかなか手を出せないでいます。

大人向けのチョロQは、残念ながら大人買いできません。

悩んだ末に選んだのがこちらのルノー5ターボ ラリー。

ルノー5は初めて買った車なので、やっばり思い入れがあります。

実物の雰囲気がよく出ていて、気に入りました。

 

では、また。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください