ルノー カングービボップのタイミングベルトを交換しました(2018年01月29日投稿)

ルノーカングービボップのタイミングベルトを交換しました。

あまり距離を走っていないのに、痛い出費です。

工賃を抑えるため、ウォーターポンプも同時に交換です。
 

ルノー車の消耗品は5年でパーツ交換

カングービボップのタイミングベルトが交換時期となりました。

ルノー車の消耗品は5年でパーツ交換となるため、ランニングコストがかかります。

経年劣化は仕方が無いのですが、5年というのはちょっと早いですね。

そのため、距離は乗っていなくても年数でパーツ交換になってしまいます。

「10年以上、または5万km以上で交換」、みたいにしてくれるといいのに。
 

ルノーカングービボップ
 

ウォーターポンプも交換

今回はタイミングベルトが交換の時期になり、交換をお願いしました。

タイミングベルト交換の際に周りの補機類を外すので、ついでにウォーターポンプの交換も行いました。

(ウォーターポンプも消耗品なので、いずれ交換が必要。)

一度に交換した方が工賃が安くなるためです。
 

ランニングコストはかかるかも

タイミングベルトが切れるとエンジンが破損するので、この出費は仕方ないですね。

イニシャルコストはルノー車も国産車と変わらないレベルですが、ランニングコストはルノー車の方がちょっと高い気がします。

定期的な交換をする分、故障の心配は少ないとも言えますが、もう少し交換スパンを長くして欲しいです。
 

これは痛い出費。
ポンデさん
ベルト駆動ではなくチェーン駆動にしてくれるといいのに。

 

À bientôt!(またね!)
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください