車を購入する前に一覧表を作って比較検討するのがオススメ!

フォルクスワーゲン high up!

ルノー カングービボップを手放して、フォルクスワーゲン high up! に乗り換えました。

カングービボップを手放した理由

カングービボップは今でもとても好きな車です。

しかし、下記のような不満な点もいくつかありました。

  • やや車両サイズが大きい(初めての3ナンバー車)
  • 2ドアかつ床面が高いので乗り降りがキツい(特に高齢者)
  • 燃費がイマイチ(街乗り中心だと8km/Lくらい&ハイオク)

また、購入から10年近く経過し、さらに以下のようなお金がかかる時期にもさしかかりました。

  • 車検
  • ひび割れによるタイヤ交換
  • カーナビの地図データ更新
  • ドライブレコーダーの装着

このような理由から、乗り換えを検討し始めました。

自動車諸元表を作って比較検討

気になった車を普段からチェックしているので、自動車諸元を一覧表にして比較検討します。

お手製の自動車諸元表

現在所有している車の数値と比較すると、車の特徴をイメージしやすいです。

以下、自動車諸元表の項目例です。

車名
全長(mm)
全幅(mm)
全高(mm)
ホイールベース(mm)
トレッド(前/後)(mm)
ホイールベース・トレッド比(W/T)
最低地上高(空車時)(mm)
車両重量(kg)
乗車定員(名)
ドア
最小回転半径(m)
燃料消費率(km/L)
エンジンタイプ
総排気量(L)
最高出力(kW(PS)/rpm)
最大トルク(Nm(kgm)/rpm)
使用燃料
燃料タンク容量(L)
トランスミッション
駆動方式
タイヤサイズ

最小回転半径に注意

見落としがちなのが、最小回転半径です。

コンパクトカーでも最小回転半径が大きい車があるので、要注意です!

小回り性能は使いやすさに大きく影響します。

ホイールベース・トレッド比(W/T)からわかる運動特性

また、ホイールベース・トレッド比(W/T)からは、車両の運動特性を推測することができます。

ホイールベースは前輪と後輪との距離、トレッドは左右の車輪間の距離を表します。

W/T=(ホイールベース長)÷(前後トレッド幅の平均値)であり、1 に近いと機動性(回頭性)が高く、2 に近いと安定性(直進性)重視の特性になります。

ちなみに、カングービボップのW/Tはランチア ストラトスとほぼ同じでした。

装備一覧表を作るのもあり

車両諸元だけでなく、装備品一覧表を作って比較してみるのもオススメです。

横滑り防止装置やサイドエアバックなどの安全装備や、シートヒータなどの快適装備の有無を確認しておきましょう。

車両価格が安くても、安全装備がほとんどオプションだったりする場合があるので、要確認です。

試乗は欠かさずに

カタログ値から得られた特徴をイメージしながら、実車を見に行きます。

まず、展示されている状態で運転席に座ってみて,ボンネットの見切りや後方視界など、カタログからは分からない点を確認します。

忘れずに後席にも座って、広さを確認します。(4ドア車でも後席に大人が座れないほど狭い車もある)

次に、実際に運転してみて乗り心地や操作性を確かめます。

最後に選んだのはフォルクスワーゲン high up!

何台か実車を見に行った結果、ディーラーさんで間もなくup!が無くなると聞き、小さい車好きの僕はup!に乗り換えることにしました。

小さく、軽快で、運転しやすいので、満足しています。

À bientôt!(またね!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください