フォルクスワーゲン up! 5速ASGトランスミッションの出来が良い

ASGについて

フォルクスワーゲン(VW)up! には、5速ASGトランスミッションが搭載されています。

このASGは、VWご自慢のツインクラッチのDSGとは異なり、ロボタイズドMT(マニュアルトランスミッション)や2ペダルMTとも呼ばれている、シングルクラッチの変速機になります。

A、Bペダルのみ

構造的にはMTですが、自動で変速してくれるので、AT免許でも運転可能です。

また、ATモードとMTモードで使うことができます。

クリープ現象はないので、ブレーキを離しても動きません。

ATモードについて

2017年4月のマイナーチェンジ前は、ATモードでの変速ショックが大きかったそうですが、マイナーチェンジ後はとてもスムーズになっています。

とはいえ、シフトチェンジのタイミングに合わせてアクセルを少し戻してやると、よりスムーズに運転できます。

このタイミングがピタリと合うと、とても気持ちがいいのです。

ATモードは、すぐに高いギアを選ぶ(2,000rpm以上回さない)制御のようです。

なので、下り坂ではギアの選択に注意し、MTモードに変えて低いギアを選び、エンジンブレーキを効かすようにします。

また、勾配が微妙に変わる上り坂では、ギアの選択に迷ってる様子がうかがえます。

MTモードについて

ASGはシーケンシャルシフトのようにシフトレバーを前後に動かして変速し、押してアップ(例えば1→2)、引いてダウン(例えば3→2)となります。

シフトレバー

パドルシフトは付いていませんが、軽い力でシフトレバーを操作できます。

クラッチペダルを操作しないだけで、シフトレバーとアクセルペダルのタイミングの合わせ方などは、普通のMTと同じ感じです。

自分でシフトタイミングを決められるので、アクセルペダルのコントロールもATモードよりもやりやすいです。

運転全般について

微低速でのアクセルコントロールが難しいです。

特に、やや上りのバック(後進)でのスピードコントロールが困難。

クラッチをコントロールするように、アクセルペダルを微妙に操作する感覚が必要です。

半クラッチの領域が苦手そうな感じです。

なお、前進後進共に、ときどき動き出しにもたつきを感じることがあります。

結果、気に入っています

20年くらい前に2ペダルMTに乗ったときは、絶対に普通のMTの方が良いと思いましたが、今ならこれもありだと思うほどに劇的に進化しています。

MTモードでキビキビ走っても良し、ATモードで楽して走っても良しと、2つの走り方が楽しめます。

ただ、ずっとMTに乗ってきた僕は、MTモードが好きですね。

À bientôt!(またね!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください