買い物で後悔しない4つの判断指標 シンプルライフへの第一歩

4つの判断指標を設けることで、買おうかどうしようかという悩みが、激減&時短しました。

広告

ものを増やす段階から減らす段階へ

「小さい」「軽い」「カワイイ」ものが気になってしまいます。

時計、バッグ、ペン、ノート、マグカップなどは、つい買ってしまいがちでした。

しかし、人生100年としても折り返し点を過ぎました。

年齢的に、ものを増やす段階から減らす段階になったと考えています。

ただ、一度買ってしまうと、100均で買ったものでも意外と捨てられません。

また、欲しいものが気になってしまうと、ついそのことを考えてしまい、集中できなくなります。

買い物で後悔しないために

気になるモノを見つけて、買おうかどうしようか迷ってしまうことって、ありますよね。

即断して後悔したこともありますし、悩み抜いた挙句、決心して買おうと思ったら売り切れていた、なんてことも。

そんな悩みを解決する方法として、買い物で迷った時の判断指標を決めればいいと考え、4つの判断指標に絞りこみました。

以下、重要度の順にご紹介します。

お買い物って楽しい

1.気分が上がるか

買い物した結果、気分が上がるかどうかが、一番重要です。

それを見るたびにワクワクする、元気が出る、ときめくなど、気分を上げてくれる買い物には価値があります。

2.今日から使うか

買ったあと、それを今日から使う生活が、ありありとイメージできるでしょうか。

イメージできない場合は、ワクワクしない、使わない可能性大です。

3.軽くなるか

今持っているモノでも、軽くなる場合は、買い替えも考えます。

重たいと使いません。

ただし、革製品など重くなっても気分が上がる場合は、よしとします。

それくらい気分が上がるかは重要視します。

4.スーツケース1つの生活に必要か

旅行の時は、少ない荷物でもなんとかなりますよね。

僕はスーツケース1つで1ヶ月、イギリスでホームステイをしたことがありますが、結果、不便は無かったです。

スーツケース1つしかないときにも持っていたいモノは、本当に必要なモノです。

そうは言っても、ガチのミニマリストでないと、そこまで絞れないので、それくらい必要だ、欲しい、という気持ちがあるかの確認です。

買い物の悩みが激減

いかがでしたか?

今回は「買い物で後悔しない4つの判断指標」についてご紹介しました。

ちょっとミニマリストへの憧れも入っています。

これで、買おうかどうしようかという悩みが、激減&時間短縮しました。

みなさんそれぞれの買い物をする際の参考にしてみてください。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください