ボッシュのワイパーリフィル(ゴム)交換手順

フォルクスワーゲン(VW) up! のワイパーを、ボッシュ製に交換しています。

ボッシュ製にしてから約1年経過したので、ワイパーのリフィル(ゴムの部分)を交換しました。

自分で交換される際は、自己責任でお願いします。

広告

費用

購入したのは『BOSCH(ボッシュ) ワイパー替えゴム エアロツインJ-フィット(+) リフィール 750mm AJ75R』。

長さは1種類のみで、ワイパー本体の長さに合わせてゴムを切って使います。

使っているワイパーは、

フロント 『BOSCH AEROTWIN AP24U(600mm)、AP16U(400mm)』
リア 『BOSCH REAR A251H(250mm)』

なので、リフィルAJ75Rを2本購入。(600mmと400mm+250mmで、750mmを2本使用)

ちなみに、ワイパー本体ごと交換すると、¥5,171(購入時の価格、フロント+リア)かかりますが、リフィルのみだと¥1,422(購入時の価格、フロント+リア)ですみます。

交換手順

基本的にはワイパーから古いリフィルを抜き取り、新しいリフィルを差し込んでカットすれば取付け完了なんですが、以下もう少し詳しく説明します。

⑴まず、ワイパー本体を車から外します。

このとき、ワイパーは事前にサービスポジションにしておきます。(車の取説参照)

⑵リフィルを留めているキャップがワイパーの両端にあるので、どちらか一方を外します。

②をドライバーで持ち上げながら、①の爪を外して、③方向にキャップを抜く。

①に爪があるので、②の隙間にマイナスドライバーを差し込んで、持ち上げながら③方向に引っ張って外します。

このとき、リフィルの片側に切り欠き(⑥)があり、ここにキャップ内側の突起部(④)が引っかかって、リフィルがずれないようになっています。

④の突起が⑥の切り欠きにはまる。反対のキャップには⑤のように突起が無い。

突起のある方のキャップを外さないと、リフィルを引き抜くことができません。

外したキャップに突起が無ければ(⑤)、逆側のキャップを外します。

⑶リフィルを長手方向に引っ張って、スルスルと抜き取ります。

⑷新しいリフィルの溝を合わせて(⑦)スルスルと差し込み、本体と長さを揃えて余った分を切り取ります。

⑦のように、リフィルの溝を本体に合わせて差し込む。

なお、新しいリフィルには、古いリフィルと同じ場所に切り欠きを入れておきます。

⑸外したキャップを元に戻します。

(6)ワイパー本体を車に取り付けます。

以上が交換手順になります。

リアもほぼ同等の手順で交換できます。

⑧のように、リアのキャップには内側に突起が無い。

リアはキャップ内側に突起はありません(⑧)が、ワイパー本体に切り欠き(⑨)があります。

⑨のように、リアワイパーの本体に切り欠きがある。

多分、この切り欠き⑨にキャップが引っかかっているので、力任せにキャップを引っ張って外します。

なんとか交換できるとはいえ、交換用のリフィルも売っているのだから、もう少し楽に交換できるように作っておいて欲しいです、ボッシュさん。

所要時間

今回は探り探り&写真を撮りながらだったので、1時間30分ほどかかりましたが、次回は20分ほどでできるはずです。

また、キャップの取り外しと取り付けには、多少の力が必要です。

結果

雨の日に使いましたが、問題無さそうです。

ビビりも無く、きれいに拭き取れています。

お安く交換できて満足です。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください