ToDoリストは動詞で記入する

ToDoリストは「〜する」と動詞で書いておくと使いやすくなります。

広告

後でわからなくなるToDoリスト

ToDoリストを活用している人は多いのではないでしょうか。

しかし、後でToDoリストを見ても、何をすればいいのかわからなくなったことはありませんか?

つい箇条書きにしがちなToDoリスト。

例えば、「銀行」とだけ書いておくと、書いたときは何をするかわかっていても、後で見返すと「銀行で何するんだっけ?」となりがちです。

ToDoリストは動詞で書く

ToDoリストには「〜する」と動詞で書いておくのがポイント。

後で迷わなくなります。

「忘れるわけがない」「キーワードで思い出せる」と思っていても、簡単に忘れるし思い出せなくなります。

「明日の自分は赤の他人」くらいに考えておいて、多少面倒でも「やること」を書いておくようにしています。

例えば、「参加費を振り込む」といった具合です。

結局、行動することがToDoリストの目的ですから、行動につながらないと意味がありません。

まとめ

箇条書きのToDoリストは、何をするのかわからなくなりがちです。

未来の自分のために、ToDoリストは動詞で書いておきましょう。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください