廃版になったボールペン『ハイテックC カヴァリエ』で使えるリフィル(替芯)紹介

カタログ落ちしたボールペンの『ハイテックC カヴァリエ』は、専用リフィル(替芯)も無くなりました。

しかし、他モデル用のリフィルを流用することができるので、まだまだ使えます。

広告

廃版になった『ハイテックC カヴァリエ』

『ハイテックC カヴァリエ』廃版後もしばらくはリフィル(LHRF-15C4)があったのですが、そのリフィルも無くなってしまいました。

『ハイテックC カヴァリエ』

しかし、『ハイテックC カヴァリエ』はキャップ式で細身の金属軸という自分好みなペンなので、使い続けたいのです。

以前にゼブラ『サラサクリップ』のリフィルが使えることは確認してあります。

今回は、『ハイテックC カヴァリエ』で使えるパイロットのリフィルを探してみました。

パイロット ジュース用リフィルを試す

まず、パイロット ジュース用リフィルを試してみます。

パイロット ジュース0.38 LP2RF-8UF-(B・R・L)

パイロット ジュース用のインクは、顔料ゲルインキです。

ジュース用インクの型番はこちら。

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/spare/gel_ink/refill_lp2rf/

パイロット ジュース用は収まりが自然

装着に問題なく、芯と軸のつながりも違和感なく見え、しっくりと馴染んでいます。

パイロット ジュースアップ用リフィルを試す

次に試したのは、パイロット ジュースアップ用リフィルです。

パイロット ジュースアップ03 LP3RF12S3-(B・R・L・BB)

パイロット ジュースアップ用のインクは、水性顔料ゲルインキです。

ジュースアップ用インクの型番はこちら。

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/spare/gel_ink/lp3rf/

パイロット ジュースアップ用は黒いパーツがはみ出てやや不自然

こちらも装着に問題ありません。

ニードルポイントに近い芯先になっています。

芯の黒いパーツがはみ出てしまうので、不自然な感じがします。

筆記例

ハイテックC、ジュースアップ、ジュースで書いてみました。

ハイテックC、ジュースアップ、ジュースでの筆記例

線の太さは数字の通り、0.4>0.38>0.3になっています。

細い線を書きたいなら、ジュースアップですね。

ジュースアップのブルーブラックは、青みが強いです。

ジュースアップ、ジュースのどちらも、『ハイテックC カヴァリエ』に入れたときに、ぐらつきなどの書きにくさはありません。

ハイテックCは長く書き続けるとかすれることがありますが、ジュースアップやジュースはどうなのか、今後確認したいところです。

まとめ

廃版になった『ハイテックC カヴァリエ』ですが、サラサクリップ、ジュース、ジュースアップ用のリフィルを使うことができます。

『ハイテックC カヴァリエ』の口金部分が、ニードルポイントの芯に合わせた切り方なので、ちょっと芯先が出過ぎた感じになることもありますが、使う分には影響ありません。

『ハイテックC カヴァリエ』

他にも使えるリフィルがあるようなので、探してみるのも楽しそうです。

カヴァリエの現行モデルはこちら。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください