パイロット ハイテックC カヴァリエは高級感のあるゲルインキボールペンです

ハイテックC カヴァリエ(LCA-3SRC4)は高級感のあるゲルインキボールペンです。

金属の細軸ボールペンで、ハイテックCのゲルインキを使うことができます。

細身で高級感のある外観

赤と黒のマーブルの細軸のボールペンです。
r0012178

金属軸で高級感があります。

直径は最大で10.0mm、全長138mm、重さは18gです。

細軸でラバーグリップが付いていないので、手帳などのペンホルダーに収まりやすいです。

 

キャップを閉めるときの精緻な感じが気に入っています。

r0012188

スーッ、カチッと収まる感じが気持ちいいです。

約¥3,000とちょっとお高いですが、その分だけの高級感はあります。

 

使用感も上々

軸は細いですが、意外と書くときに指が滑ることもなく、書きにくいということはありません。

また、キャップをペン軸の後ろにつけて書いたときも、クリップが手に当たることがないので、クリップを気にせずに書くことができます。

男性でも書きやすい軸の長さです。

 

サラサクリップのインクも使えます

カヴァリエのインクはハイテックCのゲルインキです。

r0012182

 

ペン先はパイプチップです。

r0012179

0.4mmと細字ですので、手帳に書き込むのに向いていると思います。

 

ハイテックCの芯を、ゼブラのサラサクリップの芯に変えても使うことができます。

上がハイテックCの芯、下がサラサクリップの芯です。

2016-10-28-19-30-35

r0012187

 

サラサクリップの芯を入れたときのペン先はこんな感じです。

r0012186

サラサクリップのペン先はコーンチップです。

サラサクリップのインクは好きだけど本体のデザインがちょっと、という方は使ってみるといいかもしれません。

サラサクリップの他にも使えるインクがあるようですが、まだ自分では試していません。

 

まとめ

ハイテックC カヴァリエは細身で金属軸のゲルインキボールペンです。

キャップをしめるときの精緻な感触に高級感を感じます。

ゲルインキボールペンを高級感のある金属軸で使いたい方にはオススメです。

 

2020年9月26日追記

ハイテックC カヴァリエ本体は生産中止となっており、替芯も黒1色だけになっています。

現在のカヴァリエは、油性インクのノック式ボールペンです。

 

 

À bientôt!(またね!)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Kai

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください