『ユニボール ワン F』レビュー くっきりと濃い黒が魅力

広告

くっきりとした黒い線が書けるボールペンって、少ないかもしれません。

グレーっぽい黒や、やや透明がかった黒、微妙にかすれた黒などが多い気がします。

そこでご紹介したいのが、ゲルインクボールペンの『ユニボール ワン F (UMN-SF-38)』。

ユニボール ワン F テーマ性ある軸色と低重心で安定した書き味

1本¥300(税抜)で、軸径11mm、重さ14.4g(それぞれ実測値)。

本体は滑り止めのゴムが無く、凹凸の無いすっきりとしたデザイン。

ユニボール ワン F

ものすごく「くっきり」とした濃い黒色の線が特徴です。

ただし、ボール径が0.38mmなのに線が太い点には注意。

サラサクリップとユニボールワンFの線幅比較

他のボールペンだとボール径0.5〜0.7mmくらいの太さがあります。(個人的感想)

濃い黒のインクにもかかわらず、にじみや裏抜けはありません。

ばねで開閉できる可動式クリップになっています。

ばねでクリップが開く

クリップ部が薄いので、ノートや手帳に挟みやすいです。

ユニボールワンFはクリップの高さが低い

スタビライザー機構と呼ばれる金属製のペン先を採用することで、低重心を実現しており、紙にペンを強く押し付けなくても、滑らかに書くことができます。

ペン先は金属でペン先重心

芯は太めのものが使われています。

太めのしっかりした芯が入っている

ゲルインクは減りが早い気がするので、多めのインクはありがたいです。

替芯 (UMR-38S) の価格は¥100(税抜)と、お手頃になっています。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください