チープカシオ(チプカシ)誤差測定の結果

広告

安価なチプカシの時間は正確なのか?ということで、誤差を測定してみました。

結果、手元のチプカシは、どれも良好な精度でした。

チプカシって精度はどうなの?

チプカシって安いけど、時間は正確なの?という疑問をお持ちではないでしょうか。

そこで、デジタルのチプカシの誤差を、電波時計を基準として測定してみました。

測定条件

測定日:2021/12/20〜2022/02/22

電波時計に時刻を合わせて、約2か月後に電波時計との誤差を比較しました。

誤差測定結果

誤差の絶対値の小さい順に並べた結果は、以下の通りです。

CA-53W-1(2020/07購入):1秒遅れ(平均月差±15秒)海外モデル、電卓付き

F-105W-1A(2010/07購入):2秒進み(平均月差±30秒)

A168WA-1(2014/06購入):5秒遅れ(平均月差±30秒)

A158WA-1JF(2014/06購入):6秒遅れ(平均月差±30秒)

F-84W-1(2014/06購入):13秒遅れ(平均月差±30秒)

A158WEA-9JF(2016/01購入):31秒進み(平均月差±30秒)茶、海外モデル

B640WD-1A(2014/06購入):45秒進み(平均月差±30秒)海外モデル

測定結果の考察

すべて仕様の平均月差はクリアしています。

しかも、多くのモデルでは、平均月差よりもかなり精度が高いですね。

個人的には、遅れるよりも進む時計のほうが好みなので、手元のチプカシの中ではF-105が合っています。

海外モデルの誤差がやや大きいのは、通販で買うため、自分で個体を選べないためだと思われます。

店頭で購入する場合は、工場出荷時に時刻合わせをしたと仮定して、現在時刻が一番正確、かつ、進んでいる個体を選んでいます。

電池の持ちもすごい!

2010年購入のF-105が手元の一番古いチプカシですが、まだ電池交換していません。

仕様の電池寿命約7年を大幅に超えています。

しかも、F-105はELバックライト付きなので、電池を消耗しやすいモデルのはずなのですが。

チプカシ恐るべし

チプカシは、値段、精度、耐久性、どれをとっても高い次元で成立している時計です。

弱点は、ウレタンベルトが切れること、ぐらいでしょうか。

いろんな意味で、チプカシ恐るべし、です。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください