バッグハンガー『Clipa(クリッパ)』レビュー バッグを床に置きたくない人に最適

広告

バッグハンガー『Clipa(クリッパ)』は、重いバッグでも場所を選ばず使えます。

バッグハンガーを愛用中

バッグが好きです。

なので、床に直置きなど絶対にしたくありません。

しかし、カウンター席など、小さめのバッグでも置き場所に困ることがあります。

そこで、バッグハンガーを愛用しております。

汚れが気になる床に置かなくていいのと、自分の手元に置けるので、盗難や置き忘れも防げて安心です。

バッグの中から必要なものをすぐに取り出すこともできます。

今使っているのが、『Clipa(クリッパ)』というバッグハンガーです。

『Clipa(クリッパ)』

僕はツヤなしゴールドを使っていますが、他にも色違いや、ツヤありなども選べます。


かける場所を選ばない

『Clipa(クリッパ)』は、直径7cm×厚さ0.9cm、開閉幅7cm、重さ46gで、ばねで開閉します。

バッグの持ち手につけておくこともできます。

バッグにつけておける

使い方は、開いて引っ掛けるだけ。

最近のカフェでは厚いテーブルもありますが、大きく開くので厚さのあるテーブルでも使うことができます。

カフェ(ベローチェ)のカウンター席で使用中

平面なテーブルだけでなく椅子の背もたれにかけるなど、いろいろな場所や形状で使えるので、S字フック的な使い方も可能です。

映画館のドリンクホルダーでも利用可(重いバッグは無理でしょうが)

重いバッグも平気

耐荷重が15kgなので、重いバッグを持ち歩いている人でも、まず大丈夫。

ただし、リュックサック(デイパック)は縦長のため、底付きすることが多いです。

また、耐久性も1時間あたり3,600回の開閉で50万回の繰り返しテスト済みなので安心。

テーブルで滑らない

接地面に樹脂パッドがついているので、テーブルを傷つけず、滑り止めにもなります。

滑り止めの樹脂(ポリウレタン)がついている

平面にバッグハンガーをかけ、重いバッグを提げても、滑り落ちることがありません。

接地面の滑り止めは重要で、バッグをかけるとテーブルから滑り落ちるバッグハンガーもあるので、要注意です。

濡れた折りたたみ傘をかける時にも活躍

置き場所に困る濡れた折りたたみ傘も、バッグハンガーがあればテーブル横にかけておくことができ、忘れることも無くなります。

まとめ

バッグ好きでバッグを大切に使いたい方は、バッグハンガーを使うことをオススメします。

バッグハンガー『Clipa(クリッパ)』は、重いバッグでも場所を選ばず使えます。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください