『SWATCH IRONY CHRONO Classic(スウォッチ アイロニー クロノ クラシック)』の電池交換は自分でできる

SWATCH(スウォッチ)の電池交換は自分でできます。

『IRONY CHRONO Classic(アイロニー クロノ クラシック)』の電池交換は、500円硬貨を使って電池蓋を開けて行うのですが、かなり力を入れないと蓋が開かないので、手こずりました。

広告

スウォッチの電池寿命

スウォッチ アイロニー クロノ クラシックを久しぶりに見ると、秒針が止まっていました。

購入後3年ほどで時計が止まったので、電池の寿命は3年程度です。

スウォッチは自分で電池交換ができるように作られているので、早速電池交換を行いました。

500円硬貨を使って電池蓋を開ける

スウォッチは本体が開閉できなくなっており、電池部分の蓋だけが取り外せるようになっています。

スウォッチ アイロニー クロノ クラシックは電池蓋を30度ほど反時計回りに回して開けます。

この時、コインを使って回すのですが、電池蓋の溝幅が広いため非常に回しにくいのです。

もう少し電池蓋の溝幅が狭ければ回しやすいのですが、スイスフランの硬貨は分厚いのでしょうか。

一番マシだったのは500円硬貨でしたが、かなり力を入れないと回りませんでした。

女性だと厳しいかもしれません。(解決方法は後ほど。)

2016-01-08 21.22.02
電池蓋と500円硬貨
2016-01-08 21.16.58
電池蓋を反時計回りに30度ほど回してあける

時計用の電池の型番

スウォッチ アイロニー クロノ クラシック に使われている電池は、『RENATA 394』でした。

ヨーロッパの電池の型番だったので、日本の電池の型番を下記にて調べます。

マクセル ボタン電池 コイン電池 互換 対応表 – Maxell

調べたところ、『RENATA 394』に相当する電池の型番は『SR936SW』なので、『SR936SW』を手に入れます。

電池蓋の開け閉めに力が必要

電池の+極(正極)を表にして入れて蓋を閉じますが、この時も500円硬貨で力を入れて蓋を時計回りに回します。

2016-01-08 21.19.08
時計用電池「SR936SW」
2016-01-08 21.21.15
電池の+極(正極)を上にして入れる

蓋を閉じた後で、秒針が動いていることを確認して終了です。

作業自体は簡単なのですが、思いの外、電池蓋の開け閉めに手こずってしまいました。

以下、2018年09月26日追記

「swatchの裏のねじは、500円玉に医療用のサージカルテープを巻くと滑らなくて良い」との情報がありました。

実際にサージカルテープを500円硬貨に貼って電池交換をした記事がこちら。

サージカルテープを500円硬貨に貼ることで、電池蓋の溝の中で硬貨が滑りにくくなり、蓋を回しやすくなりました。

À bientôt!(またね!)

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo

Kai

このブログを運営しているKaiと申します。 1967年生まれ、千葉県在住です。 ブログ名称の「マイハリ」には、「僕とハリネズミさんの生活の記録、および張りのある生活を目指して」という意味を込めました。 僕の好きな「小さい」「軽い」「カワイイ」といったテーマから、張りのある生活をおくるきっかけを提供できればと思っています。 * 詳しくはこちら → https://hari3.jp/プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください